うつ病 身体症状

うつ病には、精神症状と身体症状の2つの症状が現れます。ここでは、うつ病患者の身体症状についてまとめてみます。

うつ病というと、抑うつ気分や集中力の低下、妄想や自殺願望など精神症状が取りあげられがちです。しかし、精神症状と同時に身体の不調としてし身体症状が現れる場合もあります。

うつ病の身体症状でわかりやすいのは、睡眠障害や疲労感・倦怠感です。特に、睡眠障害は、不眠症という形で現れ、うつ病発見のきっかけとなりやすいようです。その他にも、実にさまざまなものがありますので、うつ病が疑わしい場合は、よく観察してみてください。

身体症状
睡眠障害
疲労感・倦怠感
食欲不振
めまい・耳鳴り
口の渇き・味覚障害
首や肩のこり
腰痛
腹痛
胃部不快感
下痢・便秘
頻尿
性欲減退
月経不順
インポテンツ


精神症状があまりない場合、または、本人が精神的に元気に見える場合は、身体症状だけがめだつ時があります。そういう場合を、身体症状という仮面をかぶっているという意味で「仮面うつ病」と呼んでいます。

仮面うつ病の場合は、内科医などでさまざまな検査をしても、何も原因が見つからない場合があります。そういうときは、うつ病が隠れているかもしれません。原因不明のめまい、下痢や便秘などは、うつ病の治療により身体症状が良くなることがあるのです。

>うつ病を正しく理解し自宅で改善できるプチ認知療法はこちら